« 梅酒 | トップページ | ストーブの灰 »

2009年1月12日 (月)

薪割りのフォーム

090112_2 

バジミン旦那です。

最初、薪割りの斧を持つ手は写真のように右が柄の下で、左が上でした。

でも、右利きの場合、剣道を思い出していただければ分かると思いますが左手が下を握ります。今ではどちらでも出来ますが、最初に覚えた右手が下がやりやすいのです。

右手が下のメリットは斧を振り上げるときに片手で下から引き上げて反動で上に持っていけることでそのまま左を添えて振り下ろします。左手が下のときは右手を添えて体の右側外を回すように振り上げます。右手が上の方が振り下ろすときに柄を押すことでパワーが出るように思えます。メリットデメリットあるでしょうが実際は疲れてきたらスイッチして両方でやってます。みなさんのフォームはいかが?

« 梅酒 | トップページ | ストーブの灰 »

ダンナさん日記」カテゴリの記事

コメント

どっちもできるんですか?
逆はやったこと無いですが、右が上です。
中くらいの力の時は同じようなフォームですが、思いっきり割る時は、なぜか振り下ろす時に最後足が揃ってしまいます。そんきょするみたいに。
軽く割る時も、自重でまっすぐ落とすようにすると両足揃えてしゃがみこむようにします。
いいのか悪いのかよく判りませんが・・・・
あまりそういうのは見たことがないので、悪いフォームなんだろうか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121291/27074698

この記事へのトラックバック一覧です: 薪割りのフォーム:

« 梅酒 | トップページ | ストーブの灰 »