« 晩ご飯(3/17、18) | トップページ | 庭の片づけ《6》 »

2010年3月20日 (土)

ガーデンライトの設置

どうもバジミン旦那です。

本日はお昼からガーデンライトの設置を行いました。

まずは、電源。感電するのがいやなので家のブレーカーを落とし、テスターで確認し、作業開始。家の外の中継ボックスを開けてみると予想通り通線されているだけだったので、プラグをつけました。そして、そこにタイマーを接続、タイマーにトランスを接続。タイマーは日本製でトランスはアメリカからの通販なんですが、コンセントってよく見ると片側の穴が大きいですよね。たしか大きい方がアースされている方だったっけ。トランスの方のコンセントはこの大きい方にしかはまらないように出っ張りがあるのです。日本だとコンセントを上下ひっくり返してもどちらも刺さりますけど。そしてタイマーの方は小さい穴のみ。刺さりません。なので、グラインダーで出っ張りをけずって刺さるようにしました。

トランスとタイマーは防水ですが、地面からの水はねがかからないように設置しろということで、地面から30cmほど上に設置するのですが、家の壁がタイル張りなのでビスが打てません。そこで自立式のスタンドをベニヤ板と角材でつくり地面に打ち込みました。家の壁際に打ち込んだところ、基礎の捨てコンにあたりそれ以上入っていきません仕方ないので角材の上の部分をカットして高さを中継ボックスの高さに合わせました。タイマーのコードがかなり短いのです。

次はトランスに配線コードをつなぎ、庭の大体の経路を決めるべく地面にコードを転がして、埋設のための溝を掘ります。今日は暖かかったので汗だくです。ここで初めて写真を撮りました。

Cimg5552

Cimg5555

後から埋めたところが判らなくなって地面を掘ったりしたときに引っ掛けないように記録しておくためです。

最後に灯具をつけて、庭は終了。あとは玄関です。玄関の門柱にドリルで配線の穴を空け、配線を通し、マリンランプの座をくぐらせて、口金に結線します。ここで座のパッキンがあることを忘れており、リング状のシートなので結線の一番最初にコードをくぐらせないとあとから通せません。せっかくつけた配線を外すのがめんどくさかったのでリングを切っちゃいました。ここら辺が血液型O型の性格です。防水とかには関係なさそうだったんでね。あとは配線を目立たなくするために塀にコンクリートドリルで穴を空けて、コードを通し、なんやかんやで、完成!日が暮れてました。

Cimg5586

樹の照明と、階段そばの照明が今回取り付けたものです。明日は少し工事の残りと、今夜見てわかった照らし具合から、照明の位置や向きを調整します。

夜の写真は難しい。

budランキング参加中bud

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

よろしかったらクリックお願いします。

« 晩ご飯(3/17、18) | トップページ | 庭の片づけ《6》 »

ダンナさん日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121291/33859176

この記事へのトラックバック一覧です: ガーデンライトの設置:

« 晩ご飯(3/17、18) | トップページ | 庭の片づけ《6》 »