« 多肉の寄せ植え | トップページ | 春のはずでは・・・ »

2010年3月29日 (月)

薪割り。そして薪の消費量

どうもバジミン旦那です。

本日は薪割りをしました。最初に前にせり出してきた積み方の悪い棚の薪を手直しするため、ある程度空いている棚に移し替え。写真真中の上部の色が違う所が一旦どけたところ。

そして、どけた後ろ側の薪を後ろにいくようガツガツ叩きます。そして新しく薪を積んで、さらに左側の棚に薪を積む。

割る前の玉切り。

Cimg5700

積み終わった後の片付いた所。手前にあるのは太すぎて刃が立たなかったヤツ。斧が刺さりもせずに弾かれてしまいます。すごく堅いです。そして運ぶのにひぃひぃ言うぐらい比重が重い。年輪にはブナ科の特長の放射組織っていう樫目なるものがあって、多分樹皮から推測してクヌギかと。薪としてはよい樹種だそうです。クサビの代わりにタガネを使って太いのを割ったりするんですが、刺さらず、これまた刃が立たない。

Cimg5702

クヌギの他にはケヤキ。これはすぐにわかります。ある意味割りにくい。木の繊維が絡み合っていて、割れるんですがパカッといかなくて繊維がつながっていて粘るんです。ヒビが入ったところを押し広げてつながっている繊維をナタで切ってやっと2つに分れます。

Cimg5710

Cimg5704

いつもはもう少し割るんですが、クヌギとケヤキに体力を吸い取られ棚1面でギブアップしました。腕はパンパンです。

今シーズンの薪の消費量が大体つかめてきました。1.8×1.8×0.4mを棚1面の基準としてだいたい6面消費する予定。1カ月約1面の勘定です。体積は7.8m3。比重は0.4t/m3として3tonちょっとかな。丁度上の写真の薪棚の満杯が1シーズン分になります。

昨シーズンの薪の量計算はこちらでした。計算の数値は少し違いますが、まあ3tonはやはりいい線いってると思います。

現在の我家の薪置き場は8面です。1年で6面使うとなるともう少しストックしておきたいですが、薪棚を作る適当な場所がもうない。う~ん、どうしたものか。

budランキング参加中bud

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

よろしかったらクリックお願いします。

« 多肉の寄せ植え | トップページ | 春のはずでは・・・ »

ダンナさん日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121291/33978607

この記事へのトラックバック一覧です: 薪割り。そして薪の消費量:

« 多肉の寄せ植え | トップページ | 春のはずでは・・・ »