« バジミン旦那作、渋皮煮 | トップページ | シロジロ日記(65) »

2012年10月 9日 (火)

ヤブランと続々渋皮煮

暑い暑いとつい最近まで言っていたのに秋は駆け足でやってくるんですね。

朝の最低気温が12℃前後になってきて肌寒いぐらいです。


2年前に植えたヤブランがあちこちで増殖してます。

肥料をあげなくてもいいし、シュシュッとした葉がアクセントにもなるのでヤブランは大好きだけど、さすがに幅を利かせすぎ。

91

ヤブランどころではなく雑草が増殖しているのは目をつぶってください(^^ゞ

ヤブランの植え替え、株分けの適期は春なら3月中旬~4月中旬、秋は9月~10月。

株分けするなら今だわ。

92

こちらに植えました。

細かく分けすぎると株がダメになってしまうこともあるみたいなので4芽前後を一緒に束ねて植えてます。

ちゃんと根付いてくれるかな。



。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

かえるさ~ん!

コメント欄だと書ききれないのでこちらに書きますね。

渋皮煮の作り方ですが私も毎年作るわけではないので、作るたびにネットで調べて色々と自分の作りやすいように組み合わせて作ってます。

もし来年作ったとしたら今年とは違う作り方のはず。

なので今年バージョンの作り方のポイントを書いておきますね。

3

1)鬼皮を剥いた栗をアクをとるために重曹を入れて煮ます。

私は2回重曹入り3回目は重曹なしで煮ました。

重曹の量も人それぞれで全然違うんですよね~。

色々調べて1回につき大さじ1杯入れました。

渋皮はすぐに破れてしまうので丁寧に扱ってあげて下さいね~。

2)アクをとった栗をシロップで煮ます。

2㍑の水に750gの砂糖を入れましたが使う砂糖によって量を加減したほうがいいと思います。

参考にしたレシピでは砂糖700gだったのですが、家はきび糖を使っていて上白糖と比べ甘みが控えめなので量を増やしました。

1時間ほど煮たら味をしみ込ませるために蓋をして冷まします。

一晩おいて、翌日栗だけを取り出してからシロップを煮詰めます。

1.7㍑が1.2㍑ぐらいになるまで煮詰めましたがこれはかなり適当。

煮詰めたところへ栗をもどして栗に熱を通してから火を止めました。


かなり端折ってますので参考程度でお願いします(^^ゞ

レシピも色々あるので自分のやりやすい方法にアレンジするのが楽ですよ~。

★里親募集始めました★

《 いつでも里親募集中 》

 *里親会参加予定 10/7(日) <みぶ里親会



・・ランキング参加中です・・

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ


人気ブログランキングへ

« バジミン旦那作、渋皮煮 | トップページ | シロジロ日記(65) »

ニワノコト」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
ヤブラン、増殖するんですね?
やったぁ~!
2株買って、シェード花壇に植えて、お花が咲いて、
凄く気に入ったの^^
もっと沢山になって欲しいなぁ~って思ってたから、嬉しい!
楽しみにしとこ!

でも、春に苗を買って植えたばかりだから、まだまだ株分け?
は早いよね?

こんばんは かえるです。

『栗の渋皮煮』レシピ紹介ありがとう!!
かえる一人のためにお手数かけてスミマセン人( ̄ω ̄;) スマヌ。。。

でも前貰った栗はかえる母と栗ご飯にしてしまったので、
無人の野菜販売を物色してバジミンさんレシピtryしてみます!

それから『ヤブラン』て藪に良く生えている、竜のひげ(=玉竜のでっかいの)みたい。。
竜のひげみたいなきれいな青色(皮をむくとヒスイ色)の玉は成るの?
竜のひげも結構増殖するから、分類は『ヤブラン』と同じかもね。。。

おかずさん、こんにちは♪

家は斑入りヤブランと斑が入ってない濃緑のヤブランがあるのですがちょっと育ち方が違うみたいです。
斑が入ってないほうは元の株が大きく育ってます。
今回株分けした斑入りの方は元々の株も大きくなってますし、地下茎が伸びてあちこちにヤブランが増殖してます。
株分けしたのはこの増殖した方で元の株は触ってないんです。

おかずさんのところの苗がどのぐらいの大きさなのかわからないんですが、あまり小分けにすると弱ったり枯れたりしてしまうみたいですよ~。

かえるさん、こんにちは(^^)
渋皮には機会があったらチャレンジしてみてくださ~い。

ヤブランはもともとは藪に自生している植物みたいですよ。
龍のひげもヤブランも同じユリ科です。
ヤブランも実はつけるみたいですが、花が枯れたらすぐに切ってしまうので私は見たことがないんです。
今度試しに1株だけ残してみますね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121291/47367009

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブランと続々渋皮煮:

« バジミン旦那作、渋皮煮 | トップページ | シロジロ日記(65) »