« Happy Birthday , シーちゃん! | トップページ | 樹花 »

2013年4月14日 (日)

鋏を研いだ

どーもバジミン旦那です。

包丁に引き続きまして、鋏を研ぎました。

ガーデニング鋏です。切れ味にこだわってARS(アルス)のSE-45を使っています。長年の使用で、ヤニで刃は黒く、バネがついていますが握ると戻ってこない、刃こぼれがひどい状態。

ダメもとで研いでみました。まずは研ぐ前に汚れを落としてと。

鋏は包丁より面倒でした。カナメがかしめてあるので分解できず鋏を開いて研ぐので研ぎ辛いのと、刃付けの角度がぶれやすく、包丁より難しいです。刃こぼれを取るのに荒砥で結構削りました。鋏は片刃なので裏は研いではいけないそうです。ネットのお手本を参考に慎重に。

後からわかったことですが、替え刃が結構お安く売っています。砥石が減ったことのほうが砥石の値段を考えると痛かったかも、です。砥石の面が結構崩れたので面直し砥石を買うことを考えると....でも、一度鋏を研いでみたかったので私の気持ちはスッキリしました。

研いだ鋏はキレキレに戻りました。刃に手が触れたら切れそうなくらい研げています。刃のもちを考えると研ぎすぎかもしれません。

次は嫁のリクエストで刈り込み鋏を研いでみます。砥石がもったいないので昔買ったぼろい砥石で研いでみます。

Cimg7900
Cimg7908
研ぐ前は撮り忘れました、研いだあとの鋏です↑

« Happy Birthday , シーちゃん! | トップページ | 樹花 »

ダンナさん日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
旦那さんにはまた行動を読まれるかもしれませんが、刃物ネタということで...
鋏の研ぎ(実験?)うまくいってよかったですね。私もさすがに鋏は研いだことがありません。(なんでもチャレンジしなくてはダメですね)
刃物を研ぐとき刃が定まらないことを私たちは「舟をこぐ」と言います。鋏の裏を研いじゃいけないのは知りませんでした。ノミやカンナは裏押しも重要で、裏がダメだと切れません。(もちろん表も重要です)
けど、研ぎたてのよく切れる刃物は作業効率もいいし、何より気持ちいいですよね~。

ちなみに、砥石を直すのは、平らなブロックに砂を少々撒いて、水をかけながらこすると直りますよ。(色が凹んだとこと違うから直り具合がわかる)

こんばんはです。
そうです、私は実験が好きなのです。料理も実験なんです。

舟をこぐですか、いいえて妙です。研ぐときはコネてしまわないように気をつけました。
せっかくつけた刃を削っちゃっては意味がないですもんね。

鋏の場合は裏すきが全体にあって、それが2枚組み合わさって刃のところ一点に合わせが集中しないといけないそうで、裏押しで平らなところを広く作ると交差する刃先にかみ合わせが集中しないそうです。(←受け売りです)

砥石の直しはなるほど。近くにブロックがないので側溝のコンクリ蓋の上でずりずりしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121291/51225859

この記事へのトラックバック一覧です: 鋏を研いだ:

« Happy Birthday , シーちゃん! | トップページ | 樹花 »