« 水槽完全移行完了(忘備録) | トップページ | ちょっと遅れての庭 »

2014年4月21日 (月)

カキクケコ日記~子猫お預かりの記録<5>

昨日は里親会へ参加してきました。

暖かい日が続いていたのに昨日は冬のような寒さでした

3匹はワクチン前なのでケージではなくメッシュケージの中でフリースにくるまれぬくぬく状態。

顔が見えないのでいらした方には私がメッシュ(御簾)をめくってお顔を見せるというまるでお殿様&お姫様のような扱いでした(^^)

今回3匹にはご縁がありませんでしたが、まだ多頭現場に残っているお仲間のうちの2匹に里親さんが無事決まりました。

この調子で全員里親さんが見つかりますように。



24

またたびクッションに戦いを挑んでいるクッ君です。

ビビリのクッ君ですが大分慣れてきました。

まだ”僕に触るな”オーラを出していますが、ゆっくり動けば逃げません。

おそらくキキやココより少し早めに産まれてきているので体もしっかりしています。

キキちゃんなんかは潰れてしまいそうで扱いには気を使いますがクッ君ぐらいの大きさになるとかなり安心です。

ビビリがなくなればいつでも新しいお家へ行ける子です。

26

トホホ顔、よく言えばアンニュイ顔。

愛らしいお顔のキキちゃんと比べて個性派ですがそこが面白いです。

昨日ジロ君の里親さんが遊びに来てくれたのですがクッ君の顔を絶賛でした(^^)

・・ランキング参加中です・・

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ


人気ブログランキングへ

« 水槽完全移行完了(忘備録) | トップページ | ちょっと遅れての庭 »

2014年)カキクケコ日記」カテゴリの記事

コメント

数年前より編み物ブログより辿り、こちらのブログを読ませてもらっています。
平成22年に10歳の子をFIPで、25年春には9ヶ月の闘病の末に13歳の子をリンパ腫で。その年の暮れに14歳の子を原因不明の胸水で…と、3匹の猫との別れを経験しました。
今は5歳の犬♀と暮らしています。
もう一度猫と暮らしたいと思いますが、辛かった闘病生活を思い出すと二の足を踏んでしまいます。
亡くなった3匹はブリーダーより求めた純血の子達でした。
今度は里親募集などから行き場の無い仔を引き取りたいと思っています。でも、そういった子猫は、白血病や猫エイズについては未検査であることが多く、引き取ってからの検査結果が陽性と出た場合はどうすればよいのか?
こんな不安を抱えているため、毎日のように里親募集のHPをチェックしてても決心がつきません。
こんな気持ちではまだ里親の資格はないのでしょうか。

じゅり母さん、こんにちは。
いつもブログを見て下さってありがとうございます。
一緒に暮らしていた子達との別れはつらいですよね。
私も1番最初の猫、ミントの弟がFIPでした。
しばらくは立ち直れませんでしたし、今でも写真を見れば涙が出てきますweep

里親募集では猫エイズ、白血病の検査をしているネコも最近は多いと思いますよ。
もし気に入った子の検査がまだのようでしたら費用は負担することになるかとは思うのですが保護主さんに検査して頂くようお願いしてもいいんじゃないでしょうか。
ただ、子猫ですと小さいうちはお母さんの抗体の影響があります。
家のミントは生後2ヶ月で保護主さん側の事情で検査をした際、エイズが陽性と出ました。
猫エイズの場合は発症せずキャリアのまま天寿を全うする子もいますし、家の子にすると決めていたので迎え入れましたが生後半年の検査では陰性に変わりました。

簡単に決められることではないですから迷いますよね。
私も猫を迎え入れる、預かりをするいつでも迷って、悩んでます。

返信ありがとうございます。

里親募集の子の検査費用の負担はもちろん構わないのですが、
陽性と出た場合『その子は要りません』と言えるのか?
言ってよいのか?

苦しい闘病の末の悲しい別れを思い出し、今度は健康な子が欲しいと願うのは無理難題なんでしょうか?

ミント君のように、エイズ検査が陽性→陰性になることがあるのですか?
その逆もあるのでしょうか?
ということは、子猫を迎えいれる場合は検査なんて必要ではないということになるのですね。

人間も猫も、先のことは分からないから何も考えずビビッと感じた子を素直に受け入れるのが良いんでしょうね。

実は、サニソレの白い子の方にビビッと感じたんですが・・・迷ってた分遅れをとってしまいました。
それも縁・・なのかな。

子猫の場合、母猫の移行抗体により陽性と出てしまう場合があるみたいですよ。
その逆があるかは私が調べた限りではみたことがないです。
色々な意見がありますから調べてご自身の納得のいく答えを見つけられた方が良いと思います。

気に入った子がいたら検査の事も含めて保護主さんと色々やり取りされてはいかがですか。
生き物なのですから信頼関係が大事なんじゃないかと思います。
ジロ君の里親さんと初めて里親会場で初めてお話した時にはこの方たちにジロ君の里親さんになってもらいたいと思いました。
サニソレの時もそうです。
チビワンのリッキーも同じくです。

それと・・・ミント君とありますが、ミントは女の子なんです~。
厳しい顔しているので間違われやすいですがミントちゃんでお願いします(^^)

ミントちゃん!  ごめんなさい。
お友達の犬にミント君がいまして、ミント=♂の図式が出来てしまってました。

先のコメントで
《里親募集の子の検査費用の負担はもちろん構わないのですが、 陽性と出た場合『その子は要りません』と言えるのか? 言ってよいのか?》 の『言えるのか? 言ってよいのか?』ですが、、、
これは、どんな結果が出ても覚悟はあるのか?という自分自身への問答であり、保護主さんへの問いかけではありません。

ペットロスというほどのものではありませんが、胸の奥底に燻っている悲しみや恐怖がなくなった頃に、新しい出会いがあるのでしょうね。そう考えると待つのも楽しみになってきました。

いろいろありがとうございました。すこし前に進めたような気持ちです。

バジミンさんの、編み物ブログやこちらのブログ、いつも楽しく読ませてもらっています。もちろんこれからも!特に『子猫の預かり日記』は画面に穴が開くほど読ませてもらっています(*゚ー゚*)

里親さんが見つかるまでチビさん達をたくさん載せますね(^_-)-☆
現在ネコと暮らしていても、いなくてもどちらも同じ猫好き。
これからも猫バカ街道を進んでいきましょうね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水槽完全移行完了(忘備録) | トップページ | ちょっと遅れての庭 »