« 仲良しな2匹 | トップページ | 日向ぼっこ »

2016年1月 5日 (火)

あけましておめでとうございます

どーもバジミン旦那です。

あけましておめでとうございます。

ことしも気が向いたらブログに乱入しますのでよろしくお願いします。

あけまして、といった元旦から、はや5日経ちました。

あっという間に正月休みも終わり。

昨年末にコストコで買ったものの中にパレルモというスイートペッパー(アマトウガラシ)がありました。輸入野菜です。

見たことがなかったので買ってみました。

その大きさがインパクト大です。

20151230_181743

リモコンとほぼ同サイズ。

まず始め生でたべてみましたが、パプリカと同じくほんのり甘くて美味しいです。サラダにあいますね。そして本日はピーマンの肉詰めチーズのせをこれバージョンで食べてみました。ネットでもこの食べ方が合うとありましたので。

私の感想としては加熱するとピーマン系に特有の青臭さが全くなくなり特徴がなくなってしまいます。クセというか独特の風味が好きな私としてはこれは物足りなくてダメです。

甘さが引き立つとネットにはありましたが、そんなでもないです。甘みが欲しいなら砂糖で足せますが青臭さ(私の中では褒め言葉です)は付け加えれないですよね。

付け足した砂糖の甘さと、野菜の甘さは違うというのもごもっともです。

”野菜の甘さ”でふと思うのは、野菜を甘く改良したのは人間のエゴなんですよね。

野菜の気持ちとしては、甘さとして感じる糖で蓄えるより、糖が結合してできる安定したデンプンにしたい。ここを人為的に糖のままでいるように改良したり、糖のままでいるものを優先的に選別して固定しているんです。

人間とはわがままないきものですね。ただ、この自然の摂理を無視した傍若無人な振る舞いも、孫悟空でいうお釈迦様の手のひらの中、自然の一部とも考えられます。結局増えすぎた種はいずれ少なくなるのでしょう、それが絶滅なのか人口が減る程度で済むのか。

地球上の生物の生きるためのエネルギーの源泉は、ほぼ太陽エネルギーです。

地球上で生産できる食物の量の上限は太陽光エネルギーによって決まります。現在の地球の人口増加と食料生産量のバランスはそう遠くない将来限界がくるようです。

その将来はどんな世界なんでしょうね。

と、アマトウガラシから将来の地球の人口問題に無理からつなげて連想してみました。

時々そんなことに思いを馳せたりしませんか?え、しないですか、そうですか。

私を取り囲む世の中は平和です。このまま平和が続けばいいですね。

とりあえず、我が家のミントを私が呼んだ時、無視せずに来てくれるようになれば平和度が少しアップするんですけどね。

« 仲良しな2匹 | トップページ | 日向ぼっこ »

ダンナさん日記」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
今年も旦那さんの乱入、楽しみにしています。
野菜などの食品は、昔と比べるとクセなどが少なくなっているような気がしますね。
おいしいほうに改良されているのもあるのかもしれないけれど、野菜に限らず、輸送方法の発達、貯蔵方法の発達などいろいろな要素も重なっておいしく食べられるようになったのですかね~。


先日はごちそうさまでした。すき焼きとてもおいしかったです。


猪肉、用意出来次第、連絡します。

こちらこそよろしくお願いします。
野菜は航空便なんでしょうね。
そんなコストをかけてもそこそこの値段ということは現地ではいくらなんでしょう

猪は、たまたま手に入りました、または、残念手に入らなかったです、みたいなゆるーい感じでいいですよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仲良しな2匹 | トップページ | 日向ぼっこ »