« 家の黒猫 | トップページ | チョコレート »

2016年2月 7日 (日)

いのししベーコン

どーもバジミン旦那です。

クレイ射撃をされている、ジロ(我が家の猫シロの兄猫)の飼い主くろむつじろさんの旦那さんからいのしし肉をいただいたのでベーコンを作ってみました。(くろむつじろさんにも手伝っていただきました)

バラ、モモ合わせて大量5㎏もあったので、ベーコンにする前に少し切り分けて普通に焼いて試食。

猪が食肉用として改良されてきた豚と同じ系列の味です。野山を駆け巡って発達した筋肉なので豚と比べて歯ごたえのある食感。そして野趣としてのクセ(でも雌いのししで血抜きもしっかりとされているのでほとんど気にならない程度)

最近の雪で庭にある燻製場は足元がぐちゃぐちゃなので、今回初めて段ボールを使って駐車場で燻製してみました。

Img_5854

全く写真を撮っていなかったので夕暮れ時に嫁のバジミンが撮ってもらった写真です。

段ボールで囲いを作って電気コンロを入れただけ。お手軽。チップは在庫のあったリンゴとヒッコリーを使いました。(いろいろ使いましたがベーコンはヒッコリーが一番それらしい感じのベーコンの風味になると思います)

そして、もろもろの工程を経て、いきなり完成

Img_5860


煙のいがらっぽさを飛ばすために一晩放置です。

そして、真空パックして日持ちがするように袋ののままボイル。湯温を上げすぎないよう70℃~75℃で2時間ほど。

半分はくろむつじろさんへお返しです。

この間試食してみました。ロースで作ったベーコンはカナディアンベーコンといいますがモモでつくったベーコンはなんていうんだろ。バラのベーコンをスライスして、フライパンで焼いて食べる。うむ、ベーコンです。普通に美味しいです。歯ごたえがあります。

断面は脂の白、赤身は濃い赤なので紅白がくっきりしています。牡丹鍋の盛り付けのお肉みたいな感じですね。

反省としては少し塩気が強かったかもしれません。ご飯のおかずとかパンにはさむには丁度いい塩気かな。

くろむつじろさん食べてみました?お味はどうでしょうか。

<余談>

手作りなので発色剤は使っていないのですが、ベーコン、ハム、ウインナーなど、色付けはいいとして、食肉加工食品に特有のフレーバーは発色剤によってでるそうです。キュアリングフレーバーといいます。

岩塩にも多少発色剤の成分亜硝酸塩は含まれているみたいです。発色剤は劇物なので簡単には買えませんが、(薬局とかで身分証を提示して注文して買う)、もっとお手軽に塩に発色剤を添加して希釈した輸入品のキュアリングソルトがアマゾンで買えます。

アメリカ製ですが、肉の文化が長い国ならではの調味料ですね。アメリカでは普通にご家庭でウインナーとか作っているんでしょうか。キュアリングソルトも発色成分が薄めてあるといってもさらに添加剤として少しを塩に加えて使います。塩と誤って使わないようにピンクに着色してありますね。1個買えば453㎏分のお肉が塩付けできると書いてあります。一生分の燻製に使えそうです。

買おうか迷っています。

« 家の黒猫 | トップページ | チョコレート »

ダンナさん日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

この間はありがとうございました。とても楽しかったです。

ベーコン、昨日の夜に食べました。

味はベーコンその物という感じで、濃い味の我が家は、おかずにちょうど良いです。

肉は噛みごたえがあって、昔のベーコンはこんな感じだったのかな~、と勝手に想像しています。

焼いても美味しかったですが、スープに入れたらとてもおいしかったです。明日は腿のベーコン食べてみます。

それと、ピーナッツやチータラの燻製もうまかったです。今度は自分でチャレンジしてみたいと思います。

今日、射撃場で猪肉をくれた方に、ベーコンをあげました。、とても喜んでくれました。猪のベーコンも初めてなので、楽しみだと。

個人的には、ためしに作ったソテーが思いのほか美味しかったので、今度頂いた時にはソテーや煮込みなどの肉料理を食べてみたいです。

今度また、食事会しましょう。


こんばんは
猪肉をいただいた方が喜んでいただいて何よりです。
我が家でもスープにして食べてみよう。
気温が暖かくなるまでにもう一回ベーコン作ろうかな。
今日は久しぶりに薪割りをして疲れました。
腕が痛いのと握力がなくなりました。
では~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家の黒猫 | トップページ | チョコレート »