« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月19日 (日)

土曜日の過ごし方

どーもバジミン旦那です。

本日、土曜日は嫁さんはお仕事で私一人なので、昼に何を食べようかな?ということで、行ったことのないお店、真岡の担々麺屋さん、ハヤフネへ。

街中なので車をどこに停めていいのかわからず、細い路地を通ったりして少し迷った後、公共駐車場へ。
ここら辺は再開発(古い空き家を利用したオサレなお店ができてきている)されてきています。
元々は街が古くなり過疎化して、一周回った感じです。(先週と同じテイストですが別に私は昭和感が特段好きなわけではないです)

20170318_135142

駐車場に町の案内図がありました。

20170318_135248

駐車場からは長屋の飲み屋が見えます。お寺があり、場所の名も通称?門前というので門前町として栄えたところなんでしょう。MAP上の町名は田町と荒町ですが。

ハヤフネのお店は昭和感満載のレトロなお店です。大将は、ラモス瑠偉と電波少年のナスビを足して2で割ったようなレゲエな方(勝手な印象です、すみません)
汁のある担々麺の中辛を注文し、スープが余ったのでライスを追加してスープにぶち込んで完食してきました。酸味のあるスープで美味しかったです。


食事の後は、喜連川に移動し、温泉へ。


移動の途中、磯食品でキムチを買いつつ、向かったのは
まだ、行ったことのない喜連川第二浴場へ

20170318_160028

今は喜連川町がさくら市に合併したため、町営から市営に変わったようです。入浴料300円。
田舎の町はずれに忽然と営業している温泉です。先週行くはずだったハートピアさくらの郷のすぐ近く。場末感は半端ないです。

男前の浴場で内湯はなし。洗い場も屋外。冬は当然すごく寒いです。浴場内には体を洗ってから入浴してくださいの大きな表示が。温泉に先に入らず体を洗うのは真冬は相当つらいと思うよ。

温泉は完全かけ流し。茶色のお湯、匂いは硫黄臭+油臭(温泉ではモール臭というらしい)、湯の花がお湯の注ぎ口に浮いてたりして温泉好きの人にはたまらんでしょう。私はそこまで温泉にこだわりはないですけど。

洗い場のお湯も当然温泉。髪を洗うのに適してないと表示があります。
カランからは、ガス混じりの湯が「ブバッ、ジャバジャバ、ブッ、ブバッ、ジャー」と「わたくし温泉でございます」という音を立てて流れ出します。
桶はもちろん黄色のケロリン桶です。

温泉の温度は結構高いです。湯の注ぎ口付近は熱くて長く入っていられません。

ここは地元民に結構人気があるようです。
露天には20名ほどの人生の先輩方々がいらっしゃって賑わってます、皆さん常連の顔見知りでここが社交場になっているようです。

私は50歳ですが、ここでは若造です。若造は私含めて2人しかいません。

このお風呂の光景に私は頭の中で、日本の少子高齢化社会の縮図だな、とか思ってました。

最近、東洋経済ONLINEの記事↓を読んだばっかりだったので。

宇都宮は都会と田舎が近接していますが、人混みと、コンクリートとアスファルトの街が苦手な私は田舎のひなびた感がほっとします。(宇都宮の都市部でも都内に比べれば十分田舎ですけど)

日曜日の過ごし方 続き

どーもバジミン旦那です。

先週の日曜日の温泉の後、お昼を食べに、宇都宮のラヴェドンというチーズ+カフェ屋さんへ。

一度行ってみたかったんで。
カフェは2Fで、そこで食べたものはパスタのランチです。
カップスープ、ナポリタンかな?トマトソースのスパに雪のように、削りカツオのように?削ったチーズ山盛りかけたもの、付け合わせがグリーンサラダとキッシュ、フレンチプレスのホットコーヒー。
一人の客は私だけ。いいおっさんがおしゃれなカフェで飯を食うというのもシュールな光景です。

お会計は1Fで支払うシステムで、ついでにお試しチーズ詰め合わせを買う。
断って写真を撮らせていただいた。

20170312_135700

ショーケースはこんな感じで、量り売りです。100g 1000円~2000円ぐらい。高いのか妥当なのかは普段チーズを買ったことがないのでわかりません。輸入の手間を考えると高いのかな。

ラヴェドンを後にして、ラヴェドンからほど近い場所にあるベーグル屋さんチックベーグルへ。

間口二間ほどの小さいお店にいろいろなフィリングの穴のないベーグルがありました。
私はベーグルのもっちりした重い感じが好きではないんですが、美味しいという会社の後輩の勧めで買いに来ました。

4種類のベーグルとアンコが練りこまれた食パンみたいなの(厳密に一般的な食パン生地ではないと思う)を買いました。私は、レコードのジャケ買いよろしくフィーリングで買うので中に何が入っているか覚えていません、アバウトです。
持ち帰りの袋はずっしり重いです。
既に朝飯として食べちゃいました。1個でお腹が満腹です。
食べた時に何を買ったか分析すると、オレンジとチーズ、クルミとサワークリーム?、ほうじ茶と何か、抹茶と何か。忘れた。
ベ-グル好きな人には具の組み合わせ、種類が豊富なので、行った時に置いてある味のめぐりあわせを楽しめて、ご自身の好みを探したりして飽きないのでよろしいかと。

次の週(今日の土曜日)は温泉づいちゃったので、また昼飯+日帰り温泉でした。次回に。

2017年3月15日 (水)

姫様の誕生日

我が家の姫、ミントももう9歳。

9年も一緒に暮らしているんだね~。

一日中寝てばかりですが、子供の時から動かずに寝てばかりいたのでシニアになったからかどうかがよくわからないです。

いつもマイペースで寝たい時に寝て、食べたいときに食べる。

熟睡するのでおじさんにいたずらされても気づかない。

大事にされているのをわかっているから結構好き勝手やっています。

お嬢様育ちでほとんど動かないから肉球はぷにぷに柔らかい。

大好きなのはドライフードといなばのレトルトかつお。

嫌いなものは絶対食べないのです。食べなかったら人間が食べれるものを持ってきてくれるからね~。


そんなミントに私もダンナさんもメロメロですheart04heart04heart04

ミント、まだまだ長生きするよ~。

そして、天国のバジル。いつまでも忘れないからねheart04

ポチッと押していただけると嬉しいです♪

 
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2017年3月14日 (火)

カキクケコ日記2017

更新久しぶりです。

ダンナさんが時折、文章だらけの更新はしているようですがねbleah

さて、さて3月は誕生日が続きます。

まずはココちゃん。

3歳になりましたbirthday

早いね~。

食欲旺盛でムッチリタイプ。

体重はケイシー、シーちゃん、ココちゃんの順番でポンポンも抜いてしまいました。

ストレスかはたまたアレルギーかお腹のハゲハゲが悩みです。

フードの主原料を絞ってどれがいいのかお試し中です。

今はターキー月間。

ビビリで甘ったれは相変わらず。

頭なでなでと抱っこの要求が1日に何度もですcoldsweats01


**********

ココのお仲間、キキちゃんとりく君(クク)も3歳のお写真をいただきました。

キキちゃんは変わらず美人さんです。

同居していた先輩ワンちゃんが18歳で虹の橋を渡ってしまったとのこと。キキちゃんがいることでなぐさめられたそうです。

持って生まれた愛嬌のよさでお父さん、お母さんを慰めてあげてね。




りく君(左側です)はなんと4兄弟になったそうです。

一緒に写っているのは弟のレオ君かな。(もう1匹はこはく君)

迷い込んできた子猫を保護されたそうです。

ビビリ№1だったりく君は子猫にもビビリまくりだったそうですが、それも慣れて今はみんなで仲良しだそうです。

お兄ちゃんの紫苑くんには相変わらずべったりなんだねhappy01


キキちゃんもりく君も幸せそうで本当にうれしいです。

3匹ともこの1年健康に過ごそうね!

ポチッと押していただけると嬉しいです♪

 
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2017年3月13日 (月)

日曜日の過ごし方

どーもバジミン旦那です。

日曜日は嫁は仕事で私一人です。

さて、今日は、床屋さん(千円カット)→細かい髪を落とすために温泉→ランチ、そしてチーズを買う→ベーグル屋さん、という予定です。

近所で散髪を済まして、温泉へ。

最初は喜連川の日帰り温泉で、まだ行ったことのないハートピアさくらの郷に行く予定でしたが、通り道にあった日帰り温泉の看板に引き寄せられ、これまた初めての大金温泉グランドホテルに寄りました。

これが、なんというかノスタルジー感というか、昭和五十~六十年で時が止まっています。
思わず写真を撮ってしまいました。

20170312_121556_2

外観はなかなか立派です。
船型の造りになっていて屋内中央が吹き抜けになっています。

20170312_120649

誰もいない大空間。卓球台と電源の入っていないゲーム機が哀愁を漂わせます。
正面にはピアノとエレベーターが見えます。

20170312_120933

パイプオルガン風のオブジェ、1970年代の大阪万博を思い起こさせるようなレトロフューチャーなガラス張りのエレベーター。鉄製のサックスブルーのケージには、ほとんどが切れてしまった電飾。

20170312_120708

館内の案内表示には、いまはもう営業していないであろうディスコの文字が。

20170312_121156

大理石の階段の脇にあった一つだけ頭の玉が取れてしまったオブジェ。
営業はしていますが誰もいない空虚さと、賑わっていた昔が偲ばれて、時の流れのはやさを感じます。
例えて言えば、小学生のころから営業している賑わっていたボーリング場に30年ぶりに行ってみたら、当時のまま営業していて、人はまばらだけどボーリング場独特のWAXの匂いがそのままだった、という感じ。

温泉はいいお湯でした。ぬるっとした少し硫黄臭のあるかすかに白濁したお湯。
大浴場がまた、昭和の雰囲気一杯だったのですが、さすがに写真を撮らなかったのでうまく説明できないです。

お近くの方は一度行ってみてノスタルジーを味わってみてください。

昼飯とベーグルは次回に続く。

« 2017年2月 | トップページ